荒れた森林

ハリウッド映画の犯罪や戦争のノンフィクション映画は考えさせられる

ハリウッド映画の中には実際に起きた犯罪事件や戦争ものがあったりします。実際起きた出来事を映画化させて多くの人に見てもらうということは、その映画を制作した映画監督の思考の中に、何か考えてほしいメッセージが含まれていることもあります。もちろん、そのメッセージは直接伝えられるわけではないため監督の考えを映画を見て完璧に分かる人はほとんどいないのかもしれません。服従の心理を描いた作品や支配の心理を描いた作品のほかスラム街で起こる犯罪組織の状況を描いたもの、実在の銀行強盗のいきさつを描いたものなどその種類はさまざまあります。もし、これから大学や独学でも心理学を学んで資格を取ろうと考えている人がいるのであれば、ノンフィクション映画を見ることは良い勉強となるという人が多くいます。なかなか身近で起こることのない事件やその状況をスクリーンやテレビの画面を通して見ることができその心理状態を学ぶことができるわけですから、人間の心を理解するようになるためには良いものとなることもあります。実話を基にした犯罪物語の映画や戦争映画は歴史でもあり、そこから今の社会や世の中をどのようにして変えていかなければいけないのか考えるためにあるものでもあります。しかもハリウッド映画となればアメリカ国内に限らず世界中の人々が見るようになりますから、多くの人に知ってもらい道徳や倫理を教えるためには良い資料となることもあります。しかし見る人によっては犯罪や戦争の痛々しさを刺激を感じて楽しんで見る人も少なからず存在することがあります。世界中の多くの人が見ることになるわけですから全世界の人が考えてくれるということは難しいこともあります。しかし、それがどのようなことなのか、どのように私たちは考えていかなければいけないのかを教える存在がいるからこそ、犯罪や戦争のような映画を公開し多くの人に見てもらえるようになることでもあるのです。